カテゴリ:不妊治療( 1 )

大黒摩季の不妊治療

今朝、数日前に
無期限休止を発表した大黒摩季が「朝ヒット」に出て
子宮疾患があること、不妊治療中だということを公表してたの見ました。

人工授精も体外受精もだめで、しかも筋腫や卵巣膿腫まで併発してるんだって。

「今まで公表しなかったのは
 自分は人を励ます方だったし、頼られる立場だったから、
 こういうことは言いにくかった」

なんだって。

普通の会社勤めしながらだって不妊治療は大変なのに
あんな芸能活動しながら頑張ってたんだなーって
感動したよ。

不妊治療は
やれ「生理が来たら3日目に来い」とか
「検査は何曜日だけ」とか
「この治療は午後一でだけやってる」

とかほんとにまあ、普通に勤めてたって病院に通うのが難しいんだ。

おまけに注射することになれば、一日おき通わなくちゃいけない場合もある。

今は厳しくなったからやれせてもらえないけど、
私も通うのが困難な場所にいたときは自分でお腹に筋肉注射してたこともあったよ。

糖尿病患者さんと一緒の感じでさー。

そんだけ頑張っても、こればっかりは
頑張りと比例するものではなくて、
あっけなく次の生理が来たりする。

それでも落ち込んでる余裕は与えられず、生理何日目かにまた病院に行き、
治療を始めるのだ。

神経が太い私もさすがに6年間びっしり続けてたわけではなく
途中で気持ちや心が折れて、お休みして
また気分転換して元気になったら始めての繰り返しだったよ。

大黒摩季が
「不妊治療はまだ認知度が低いから、痛いときに痛いと言えない、
 つらいときにつらいと言えないのが苦しかった」

って言ってたよ。

同じ思いで朝から涙して見てたのは、私だけじゃなかったんじゃないかなー。

私は比較的オープンに話してたほうだけど、
周囲にまったく言えないでいる人もたくさんいるんだよね。

力になってくれたり、励まし続けてくれた友達もたくさんいたけど
心ない言葉で傷つけられたり、劣等感につぶされそうになったことも
何十回とあったなー。

「そこまでする必要性がわからない」とあっさり言われたこもあったし、
何かにつけて
「子供がいないからわからないと思うけど」の前置きを何度もつけられたこともあった。

夫婦で旅行によく行ってることを
「自分たちのことだけ考えてればいいんだから、いいよねー。気楽でさ」
なんて言われたり、

面と向かって「不妊症って生理がないってことですか?」って
言われたこともあったよ。

さすがにそのときは「どんだけあほ?」って言い返したけど(笑)



でも私はそれの何十倍も、助けてくれたり、はげましてくれたり、
気分転換に連れ出してくれたり、変な気を使うことなく子育ての楽しみを
話してくれる、温かい友達や、いつも一緒に頑張ってくれた旦那様が
いたから、頑張れたんだよー。

私は幸運にも、6年でよい結果に恵まれたけど、
10年続けても、結果はでず、力尽きて諦める人もたくさんいるんだ。

そのひとたちの分も、
ぽこたんとの時間を大切にして、将来を担う子供たちを
しっかり育てなくちゃいけないなって
不妊治療のことを思い出すといつも思います。


大黒摩季ちゃんにも、赤ちゃんがやってくるように
心から祈ろうと思います。

朝の時点では、ファンレターを書く勢いでしたが、
午後の車ぶっこわれ事件で、
気力なくなりました(笑)



話ちょっと違うけど、
議員の聖子さん、50歳で出産ってすごいね。

しかも自分じゃない卵子の体外受精だもんねー。

聖子さんもガンバって〜!!
[PR]
by deelkou | 2010-08-26 23:22 | 不妊治療